2010年5月8日土曜日

ひさびさのコイルガン


どうも、お久しぶりでございます。相変わらずぐーたらなRaldです。

今回は、タイトル通り、最近製作したコイルガンについてです。
久々にコイルガンをつくるなら、効率を重視しようかと思い、効率などの計算を行って製作しました。まあ、効率はshiroさんのには及ばないようですが。

写真のように、今回のコイルガンは、多くの方が製作されている小口径・銃弾型の物ではなく、鉄球型です。口径は15mm程です。
コイルの長さは、25mm、巻き数は140回です。
計算などは、以下のサイトで計算できます。
導線の抵抗

インダクタンス

通電時間、最高電圧

このうち、最後のリンク先のサイトは、Javaスクリプトでリアルタイムに動きますので、非常に使いやすいです。

そんな形で製作したコイルガンですが、効率はおよそ1.9%です。今までの中では高い方です。

さて、多くの方は、なかなか速度を知ることができないと思いますが、ここで適当に計算する方法を。
プロジェクタイルを壁に向けて水平に発射した場合、飛んでいる間にプロジェクタイルは重力で落下し、水平より下にあたります。水平から落ちた距離をy、壁までの距離をxとしときます。
で、このyは、次の式で求められます。
y=1/2(gt^2)
変形すると、
t=√(2y/g)
です。以上より、速度が求められます。まあ、空気抵抗とか、反動とかで、大体の速度しかわかりませんが(笑)
これを応用すると、正確な射角も求められます。

では、

0 件のコメント:

コメントを投稿