2010年5月28日金曜日

コイルガン進行状況 その2

最近いろいろと忙しく特にコレといって製作したものがないのでコイルガンの製作状況についてgdgdと書こうかと思ってます。
現在予定しているコイルガンは入力エネルギー5kJ程度の6段式のものです。
とは言いながらも未だにコイルもひとつしか巻いていないのですが全体のスケジュールとしては6月中に単段と数段でのデータをとり、そのデータをもとに7月中には完成させたいなと思っています。
現在データ採取用の弾速計を制作し、(制作といっても数時間で書いたスケッチですが・・・)インダクタンスメーターをどうしようか考えていたり。。。昇圧回路もスライダックやMOTは使わない半導体型のものをFETにたのんで設計してもらってます。そちらが完成したらまた記事にしたいと思ってます。
話は変わって多段式コイルガンに必須のサイリスタ。
いつもサイリスタを買う店ではスタックになった状態で売っているので、そのまま使ってしまおうということで接続を見てみるんですが、これは、、、な接続。
白い碍子に覆われているのがサイリスタ一つ一つです。
ですのでこのサイリスタスタックには6個のサイリスタが装着されています。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、サイリスタの碍子部分より少し広い円盤がアノードです。
そして反対側の碍子の部分にカソードがきているので、
左側の二つは左側のカソードが右側のアノード、アノードが右側のカソード側につながっていて直列にしたものの両側を接続した?ような感じになってます。
真ん中はアノード同士が接続されていて右側はカソード同士が接続されています。
しかしこのままでは少しコイルガンに使いづらいのですべての接続をカソード同士接続するというタイプに変更します。
作業としては↑の画像の左右の分厚い板を取り外すだけなのでそれほど難しくないです。なれたら結構早くいけそうな感じ。

取り外した画像
ナットを外すと全部バラけてしまいそうで怖いですが、上側の長い棒のようなもので接続の板は止まっており、サイリスタと接続の板、絶縁体は下の写真のようなピンで固定されているので結構簡単にもとに戻せます。
分解の時はサイリスタと接続の板の間にグリスのようなものが塗ってあるので汚れないように下に敷く物があるといい感じ
作業完了の図。接続の板が一枚足りなくなるので一枚あるといいかも。そういっても以前に分解したことがなかったら無理だけどwあとサイリスタと接続の板を固定するピンも接続の関係か長さがあわなくなる可能性がありますが少々ゆるくても固定できたら問題なく、最悪の場合は絶縁体のピン穴を拡張すると問題なくできるかと。
サイリスタスタックの組み換えはこんな感じです。だいたい2時間くらい?慣れて力のある人だともっと早く終わると思います。
あと今日プロジェクタイルの切り出しをしたので写真を貼っておきます。
一番長い80mmから10mmステップで10mmまで。50mmは三本40mmは二本作りました。直径は9mmです。
家で初めてグラインダー使ったんですけどあまりに切断砥石が消耗品過ぎてびっくり
切断あとが汚いのでまたヤスリがけでもしようかと。
昇圧回路完成とかデータが揃ったらまたこちらや実験室Dのほうにも書きたいと思っています。
おそらくMOMに参加したいなぁとか思ってるので早めに完成させたいので完成までそう遠くないかと。
一応乞うご期待ということで・・・

2010年5月17日月曜日

グラボ

パソコンのグラボのファン取替え

題名のどうりパソコンのグラボのファンを取り替えてみた 
交換したのは こんなグラボのファン


交換した理由は とりあえずファンの音がうるさいんですよww
もともと の GPUクーラーとは違うクーラーなので 薄いやつよりは音は小さいのですけど それでもうるさいので 交換と
 で 取り替えるファンといいますと 8cmファン2台 となります 

電源はもともとのファンの駆動していたところから取り ファンを回転

こんな感じで取り付け

デカイですねー2台はww
しかも結束バンドにての取り付け   らくだもんw

干渉もせずに回っているので 安心=



そして 取り付け・・・   っとここで問題が...
なんと もともと2スロットでの取り付けのグラボに ファンをつけたので 3スロット分も場所を消費...


しかたないので もともとついていたGf210を取り外して 場所を確保 
その代わり、静音せいは抜群で よく冷えます!!

これでまた新たに 静音PCになりましたー^^


それにしても 場所よるなー^^;

2010年5月14日金曜日

高温超伝導体・・・

こんど学校でサイエンスパートナーシップ・プロジェクトというものがありまして、
大阪市立大学との連携で高温超伝導体を作るプロジェクトがあり
クラブ員だけで予備実験をしてきたのでその写真をいろいろと・・・

今回作るのはYBCO イットリウム系の超伝導体です。 詳しくはググってくださいw
ちなみに写真の量で100g 2万円もするらしい;;
資金はJST(http://www.jst.go.jp/)からでてるらしいので参加費無料 ウマウマです。




作り方はいたって簡単 もともと材料自体はキットで売られてるので
調合などはしなくて良いようになってます。
でその粉末を 焼結⇒粉砕⇒プレス⇒もう一度焼結 するだけです

超伝導体はひとつ30gぐらい
これでできるのは大体直径60mm厚さ4mm程度の超伝導体です
ちなみに加える圧力は70MPa! 700気圧です





型から慎重にはがすと・・・・・・


こんな感じ この状態では持つことはできても
力をちょっとでも強くすると割れてしまうぐらいもろいです
右下の小さなものも超伝導体ですね
後は大体950℃ 500℃ などと段階的に温度調節を行って
2日間ぐらい焼き続けます

出来上がって実際に実験をし始めるのはまだまだ先ですが
これからもちょくちょく報告しようかなーっと思っております


また市大のオープンキャンパスや万博公園で行われる万博サイエンスフェスタ
などで研究発表しないといけないので時間に余裕があるかたは来ていただければ嬉しいです;;
ではでは~

2010年5月8日土曜日

ひさびさのコイルガン


どうも、お久しぶりでございます。相変わらずぐーたらなRaldです。

今回は、タイトル通り、最近製作したコイルガンについてです。
久々にコイルガンをつくるなら、効率を重視しようかと思い、効率などの計算を行って製作しました。まあ、効率はshiroさんのには及ばないようですが。

写真のように、今回のコイルガンは、多くの方が製作されている小口径・銃弾型の物ではなく、鉄球型です。口径は15mm程です。
コイルの長さは、25mm、巻き数は140回です。
計算などは、以下のサイトで計算できます。
導線の抵抗

インダクタンス

通電時間、最高電圧

このうち、最後のリンク先のサイトは、Javaスクリプトでリアルタイムに動きますので、非常に使いやすいです。

そんな形で製作したコイルガンですが、効率はおよそ1.9%です。今までの中では高い方です。

さて、多くの方は、なかなか速度を知ることができないと思いますが、ここで適当に計算する方法を。
プロジェクタイルを壁に向けて水平に発射した場合、飛んでいる間にプロジェクタイルは重力で落下し、水平より下にあたります。水平から落ちた距離をy、壁までの距離をxとしときます。
で、このyは、次の式で求められます。
y=1/2(gt^2)
変形すると、
t=√(2y/g)
です。以上より、速度が求められます。まあ、空気抵抗とか、反動とかで、大体の速度しかわかりませんが(笑)
これを応用すると、正確な射角も求められます。

では、

2010年5月4日火曜日

オーディオ端子変換基板作成

最近放置されていた家のコンポを有効活用しようと作業部屋に持ち込んだ訳ですがパソコンで作ったCD再生できないし裏側ごそごそいじってたらアナログ入力があったのでこれを活用しない手はないということで接続しようとしたものの端子が違う・・・・
まあいろんな機器を接続するときにはよくある話ですがコネクタ変換しないと!ということで変換基板作成することに。
まず100均で買ってきた3.5mmステレオミニプラグの延長ケーブルを用意。

そして徐にぶった切って被覆を半田でとかしてRCAコネクタを二つ搭載した基板にハンダ付け。

こんな感じ。非常に簡単な作業。手間取ったというと錐で穴を広げたくらい。
そして完成。あまりに簡単だったので完成したという実感もあまりなく・・・

まあとりあえずコンポから音はでました。ノイズが乗るのは仕様(PCのサウンドカードの)。
ではノシ

2010年5月2日日曜日

カメラ用クローズアップレンズ

最近秋月のレンズの品揃えが無駄にいいので(本店販売のみ)作ってみた。
今回使用したレンズは、
直径43mm 焦点距離約150mmの凸アクロマートレンズ2枚である。
なんと、これが1枚100円である。(ただし微小な傷があったりコートが完全でなかったりのB級品っぽい)
で、これをこんな感じに組み立てて
これをカメラに装備して撮影すると、



DIPパッケージのICと、キャベツを撮影してみたが、ICは表面のホコリとか傷がきれいに、キャベツは細胞が見え始めています。
原理とか作り方は今度書きます。

2010年5月1日土曜日

はじめまして!

はじめまして 私Flankerと申します
このたび私もこのwestrgに参加させていただくことになりました。

以前FETさんなど一部の方とはオフ会でお会いしていて
ブログへの参加のお誘いを受けたしだいであります

電子工作はまだまだ初心者レベルですが avrをちまちまやってたりして 
今コイルガンの弾速計をなんとか作ろうと してたりします。
もともと化学少年だったため 化学関連の実験もやってたりで
結構幅広く手を出してしまっています。

しょぼいですがHPも作ってたりするので見ていただけるとうれしいです
http://madscience.ninja-web.net/

学校が忙しいため 更新頻度はかなり少ないと思いますが
これからどうぞよろしくお願いします^^